モバイル ファースト インデックス登録に関するおすすめの方法

 

モバイル ファースト インデックス登録とは、Google のインデックス登録とランキングで、モバイル版のコンテンツを優先的に使用することを意味します。これまで、ユーザーのクエリとページの関連性を評価するにあたっては、主にパソコン版のページのコンテンツがインデックスで使用されていました。今ではユーザーの大半がモバイル デバイスから Google 検索にアクセスしているので、今後、Googlebot は主としてスマートフォン エージェントでページのクロールとインデックス登録を行うようになります。

2019 年 7 月 1 日以降、すべての新規ウェブサイト(ウェブに新しく追加されたサイトまたは Google 検索が認識していなかったサイト)で、モバイル ファースト インデックス登録がデフォルトで有効化されています。以前から存在するウェブサイトについては、このガイドに記載のおすすめの方法に基づいて引き続きページのモニタリングと評価を行います。Google では、サイトがモバイル ファースト インデックス登録に切り替わった日付を Search Console でサイト所有者に通知します。

ユーザーに最適なエクスペリエンスを提供するには、このガイドに記載のおすすめの方法に沿って対応してください。

Googlebot がコンテンツにアクセスしてレンダリングできることを確認する

 

Googlebot がモバイルページのコンテンツとリソースにアクセスしてレンダリングできることを確認します。

  • モバイルサイトとパソコンサイトで同じ robots メタタグを使用します。 モバイルサイトで別の robots メタタグ(特に noindex または nofollow)を使用していて、サイトのモバイル ファースト インデックス登録が有効になっている場合、ページのクロールとインデックス登録に失敗することがあります。
  • ユーザー操作時にプライマリ コンテンツの遅延読み込みを行わないようにします。Googlebot は、読み込みにユーザーの操作(スワイプ、クリック、入力など)が必要なコンテンツを読み込みません。 遅延読み込みコンテンツを Google が認識できるようにしてください
  • Google がリソースをクロールできるようにします。一部のリソースではモバイルサイトの URL とパソコンサイトの URL が異なります。Google に URL をクロールさせる場合、disallow ディレクティブにより URL をブロックしていないことを確認してください。

パソコンとモバイルでコンテンツが同じであることを確認する

 

  • モバイルサイトにパソコンサイトと同じコンテンツが含まれていることを確認します。 モバイルサイトのコンテンツがパソコンサイトよりも少ない場合、モバイルサイトを更新して、主要なコンテンツをパソコンサイトと同等にすることを検討してください。ほとんどの場合、サイトのインデックス登録はモバイルサイトから行われます。
  • パソコンサイトと同様に、モバイルサイトでも明確でわかりやすい見出しを使用します

構造化データを確認する

 

サイトに構造化データがある場合は、パソコン版とモバイル版の両サイトに構造化データがあることを確認します。 具体的な確認方法は次のとおりです。

  • モバイルサイトとパソコンサイトの構造化データが同じであることを確認します。 データタイプに優先順位を付けてモバイルサイトに追加する必要がある場合は、BreadcrumbProductVideoObject の構造化データから始めます。
  • 構造化データに正しい URL を使用します。モバイル版の構造化データ内の URL が、モバイル向け URL に更新されていることを確認します。
  • データ ハイライターを使用する場合は、モバイルサイトで調整します。データ ハイライターを使用して構造化データを提供する場合は、抽出エラーがないかどうかをデータ ハイライター ダッシュボードで定期的にチェックします。

パソコン版とモバイル版の両サイトに同じメタデータを設定する

 

パソコン版とモバイル版の両サイトで、説明タイトルメタ ディスクリプションが同等であることを確認します。

広告の配置場所を確認する

 

広告がモバイルページのランキングに影響しないようにします。モバイル デバイスに広告を表示する際は、Better Ads Standard に準拠してください。たとえば、ページ上部の広告がモバイル デバイスにおいて画面の大半を占めている場合、ユーザー エクスペリエンスが低下します。

視覚的なコンテンツを確認する

画像を確認する

 

モバイルサイトの画像が、画像に関するおすすめ方法に従っていることをご確認ください。具体的には、次のことをおすすめします。

  • 高画質の画像を使用します。モバイルサイトでは、サイズが小さすぎる、または解像度の低い画像を使用しないでください。
  • サポートされている画像形式を使用します。サポートされていない形式やタグは使用しないでください。 たとえば、Google では SVG 形式の画像をサポートしていますが、インライン SVG 内の <image> タグの .jpg 画像をインデックスに登録することはできません。
  • 画像のページが読み込まれるたびに変更される URL は使用しないでください。画像の URL が都度変更されている場合、リソースの処理およびインデックス登録は適切に行われません。
  • パソコンサイトと同じ代替テキストがモバイルサイトにあることを確認します。 モバイルサイトの画像には、パソコンサイトと同様に説明となる代替テキストをご使用ください。
  • モバイル用ページのコンテンツの品質がパソコン用ページと同じくらい良好であることを確認します。 パソコンサイトと同じように、モバイルサイトの画像と関連性の高い説明となるタイトル、キャプション、ファイル名、テキストをご使用ください。

動画を確認する

 

モバイルサイトの動画が、動画に関するおすすめ方法に従っていることをご確認ください。具体的には、次のことをおすすめします。

  • 動画のページが読み込まれるたびに変更される URL は使用しないでください。 動画の URL が都度変更されている場合、リソースの処理およびインデックス登録は適切に行われません。
  • サポートされている動画形式を使用し、サポートされているタグで動画を配置します。動画がページ上で識別されるのは、<video><embed><object> などの HTML タグがある場合です。
  • モバイルサイトとパソコンサイトの両方で同じ動画用構造化データを使用します。詳細については、構造化データを確認するをご覧ください。
  • 動画をモバイル デバイスで見たときに見つけやすい位置に配置します。たとえば、モバイルページで下に何度もスクロールしないと動画が見つからない場合、動画のランキングに影響する可能性があります。

別々の URL を使用する場合のその他のおすすめの方法

 

サイトにパソコン版ページとモバイル版ページ(「m.」とも呼ばれます)で別々の URL がある場合は、以下のおすすめの方法も参考にしてください。

  • エラーページのステータスが、パソコンサイトとモバイルサイトで同じであることを確認します。パソコンサイトでは通常のコンテンツを配信し、モバイルサイトではエラーページになる場合、このページはインデックスに登録されません。
  • モバイル版にフラグメント付き URL がないことを確認します。URL のフラグメントとは、# から URL の末尾までの部分です。ほとんどの場合、フラグメント付き URL はインデックスに登録できません。こうしたページは、ご使用のドメインでモバイル ファースト インデックス登録を有効にすると、インデックスに登録されなくなります。
  • 別々のコンテンツを配信している複数のパソコン版がある場合は、それぞれに対応するモバイル版を用意します。モバイル デバイスのトップページなど、別々の URL が同じ URL にリダイレクトされる場合、モバイル ファースト インデックス登録が有効になると、これらのページはすべてインデックスに登録されません。
  • Search Console でモバイル版とパソコン版の両サイトを確認して、どちらのサイトのデータとメッセージにもアクセスできるようにします。Google がサイトをモバイル ファースト インデックス登録に切り替えたとき、サイトのデータが変動する可能性があります。
  • 別々の URL の hreflang リンクをチェックします。rel=hreflang リンク要素多言語化を行っている場合は、モバイル向け URL とパソコン向け URL を個別にリンクします。モバイル向け URL の hreflang にはモバイル向け URL を指定し、パソコン向け URL の hreflang には同様にパソコン向け URL を指定する必要があります。

    別々の URL で hreflang を使用する例

     

  • モバイルサイトに十分な処理能力があることを確認して、モバイル版のサイトでクロール頻度の増加に対応する必要が発生した場合に備えてください。
  • モバイル版とパソコン版の両サイトに対して、robots.txt ディレクティブが意図したとおりに機能することを確認します。robots.txt ファイルでは、ウェブサイトでクロールを許可する部分と許可しない部分を指定できます。ほとんどの場合、モバイル版とパソコン版の両サイトで同じ robots.txt ディレクティブを使用する必要があります。
  • モバイル版とパソコン版の間で正しい rel=canonical  rel=alternate リンク要素を使用します。

    別々の URL 用の rel=canonical  rel=alternate の例

     

困ったときに

 

サイトでモバイル ファースト インデックス登録が有効にならない、またはモバイル ファースト インデックス登録が有効になった後にランキングが低下する原因となる、最も一般的なエラーの一覧を次に示します。サイトでモバイル ファースト インデックス登録がまだ有効になっていない場合、モバイル ファースト インデックス登録が有効になった後にランキングが低下した場合、または Search Console でメールが届いた場合は、この一般的なエラーの一覧を確認して、エラーの可能性がある箇所を解決します。