ホームページ制作・WEBマニュアル

Googleマテリアルデザイン(配色を使い勝ち組になる例です)

勝ち組確定の配色を真似る。

マニュアル概要の説明

立体化・影・動き・カラーがテーマです。

東京2020オリンピックカラー

Googleは2014年6月にGoogle I/O conferenceにおいて、新しいユーザーエクスペリエンス設計体系として「マテリアルデザイン」を発表した。マテリアルデザインは、ユーザーが接する画面にマテリアル(物質)、メタファーの概念を用いて一貫性のある世界をつくりつつ、ユーザーの操作を補助するものである[3]

スマートフォンやタブレットなどの様々なデバイスにおいて、マテリアルデザインによる統一感のあるデザインを取り入れることにより、操作するデバイスが変わっても操作感に統一性を期待できることで、ユーザーはストレスを感じずに様々なデバイスを操作することができる。

この設計体系は、デザインを簡略化するフラットデザインに、他の物質の質感に近づけるために装飾を施すスキューモーフィズムを取り入れた「フラット2.0」の一例として取り上げられることがある[4]

 

Material Components

マテリアルコンポーネント(Material Components、MDC)は、マテリアルデザインに従った(マテリアルデザインを実装する)UI要素ライブラリ群の総称である[5][6]

開発者・デザイナーが各UI要素に対して1つ1つマテリアルデザインを適用しなくても、MDCを利用することで容易かつ系統的にマテリアルデザインを全UIへ適用できる。ネイティブ(スマートフォン)やウェブ、特定のデザインパッケージ用のライブラリが用意されている。

参照:wikipedia

SEO・MEO・WEB集客

GWPD発売禁セール開催中!

ワードプレス制作環境を90%OFFで販売中です。

詳しくはこちら>

 

ここには共有広告❷(リアル更新可能)

を掲載できます。

GWPDグループメニュー

Googleマテリアルデザイン(配色を使い勝ち組になる例です)

Googleマテリアルデザイン(配色を使い勝ち組になる例です)

Googleマテリアルデザイン(配色を使い勝ち組になる例です)

Googleマテリアルデザイン(配色を使い勝ち組になる例です)

Googleマテリアルデザイン(配色を使い勝ち組になる例です)

GWPDグループメニュー
Googleマテリアルデザイン(配色を使い勝ち組になる例です)
Googleマテリアルデザイン(配色を使い勝ち組になる例です)
Googleマテリアルデザイン(配色を使い勝ち組になる例です)
Googleマテリアルデザイン(配色を使い勝ち組になる例です)
Googleマテリアルデザイン(配色を使い勝ち組になる例です)